iPadなら洋書多読も夢じゃない!iPadで電子書籍に直接書き込む方法・効率よく洋書を読む方法を紹介

洋書・iPad

英語学習のひとつとして、洋書にトライしてみたけど、結局分からない単語が多くてやめてしまった・・・、という方にはiPadがおすすめです。

iPadなら瞬時に分からない単語の意味が出てくるので、ストレスなく洋書を読み切ることができます。

英語習得への近道はたくさん英語に触れることです。たくさん洋書を読むことができれば、自然と英語が身につき、最終的には辞書なしで洋書を読むことができるようになります。

まずは1冊簡単な洋書から読み切るところから始めましょう。iPadなら簡単に読み切ることができます。

今回は、iPadを使って「洋書に直接書き込みたい」という人に、直接電子書籍に書き込む方法を紹介します。

「特に書き込まなくてもいい」「マーカーが引ける程度でいい」という方は、コチラの記事をご覧ください↓。

iPadで洋書

また、この作業には文字認識(OCR)機能が付いたPDF編集ソフトが必要です。

今回はAdobe Acrobatを使用して紹介していますが、こちらのソフト、結構いいお値段なので(2020年現在)、持っていない方はOCR機能が付いたPDF編集ソフトについての記事も書きましたので、こちらもぜひご参照ください。

iPadで英語の勉強をするメリットや、実際iPadで勉強するにあたって購入したものも紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

ipad

iPadで洋書を読むための手順

iPadで洋書に直接書き込みながら読むために必要な工程をご紹介します。

手順
  1. Amazon Kindleなどで電子書籍を購入
  2. 電子書籍のスクリーンショットをとる
  3. スクリーンショットを1つのPDFにまとめる
  4. PDFを文字認識させる
  5. 書き込み可能なPDF閲覧アプリで読む

それでは、順を追って説明していきます。

Amazon Kindleなどで電子書籍を購入

まずは電子書籍の購入です。私はいつもAmazon Kindleから購入しています。

本に書き込みたいタイプなので、今までは紙の本を購入していましたが、洋書の場合紙の書籍より電子の方が格段に安いです

今回はこちらの本を使って説明していきます。

推定ページ数は241ページ。「推定」というのは、Kindleは文字の大きさ等を自由に設定できるので、それによってページ数が変わるからです。とりあえず、今回は241ページとします。

電子書籍のスクリーンショットをとる

では、ここから電子書籍のスクリーンショットを1ページずつ撮っていきます。1ページずつって大変そうに思えますが、以外と早く終わりますよ!

ここからの作業で撮ったスクリーンショットは、あくまで個人で利用するためです。著作権があるので、譲渡や商用利用などは絶対にやめてくださいね!

Kindleに直接書き込みできれば一番いいんですが!

iPadにスクリーンショットボタンを表示させる

まずは、iPadにスクリーンショットボタンを表示させる設定を行います。

設定」から「①アクセシビリティ」→「②ショートカット」をタップ。

iPad スクリーンショット

AssistiveTouch」をタップしてチェックマークを入れます。

iPad スクリーンショット

一度設定画面は閉じてホーム画面に戻ります。

iPadの右上あたりから指で下にスワイプさせると、コントロールセンターという画面が出てくるので、「人のマーク」をタップ。

iPad スクリーンショット

「AssistiveTouch」をタップすると、チェックが入り、スクリーンショットのボタンが表示されます。

iPad スクリーンショット

スクリーンショットを撮る

あとはKindleを全画面表示させて(縦画面で)、先程表示させたスクリーンショットのボタンで1ぺージずつスクリーンショットを撮っていきます。

iPad スクリーンショット

241ページの本で、およそ10分かかりました。

眠気に注意!自分がどこまでスクリーンショットを撮ったか分からなくなることもあります。

スクリーンショットを1つのPDFにまとめる

②で撮ったスクリーンショットは「写真」アプリに保存されています。

iPad 写真 選択
1ぺージずつバラバラに写真として保存されます

これらの写真を全て選択します。

まずは右上の選択をタップ。

iPad 写真 選択

写真の1ページ目から右下にスゥーっとタッチペンをなぞらせます。

iPad 写真 選択
右下までタッチペンをなぞる

そのままタッチペンを離さずに右下に置いておくと、下まで全て選択することができます。

全て選択されたら、左下の「共有ボタン」をタップ。

iPad 写真 選択

出てきたウィンドウから「ブック」を選択。「ブック」が表示されていない場合は、「その他」から探す。

iPad 写真 ブック

※「ブック」は元々iPadにインストールされているアプリです。

ここに読み込むことによって、先ほどのバラバラだった写真を1つのPDFとしてまとめることができます

しばらく経つと自動でブックアプリが起動し、先ほどの写真が1冊の本のようにまとめられています。

iPad ブック

PDFを文字認識させる

ここから、冒頭でも触れた「OCR機能が付いたソフト」を使用します。お持ちでない方は、OCR機能が付いたPDF編集ソフトについての記事をご覧ください。

1つにまとめられたPDFですが、このままだと各ページが画像データのまま(カメラでパシャっと本を撮ったような状態)なので、文字が認識されず、辞書で検索することができません。

そこで、このPDFを一度パソコンに移して、PDF編集ソフトを使い、文字認識させます。

PDFをパソコンに移す

iPadからパソコンに移す作業は、iCloudやGoogleドライブなどのクラウドで共有するか、自分宛のメールに添付して送付してもいいかと思います。

今回はGoogleドライブを使います。GoogleドライブはGoogleアカウントがあれば無料で利用できます。

移行はカンタン。Googleドライブとブックをスプリットビュー(2画面)で表示させます。

iPad Googleドライブ
ブックを表示させた状態でGoogleドライブを下から右にスワイプ
iPad Googleドライブ
ブックとGoogleドライブがスプリットビューになる

そして、左のブックから対象のPDFを右側のGoogleドライブにドラッグ&ドロップすれば、PDFファイルがGoogleドライブにコピーされます。

iPad Googleドライブ

次はパソコンから同じアカウントのGoogleドライブを開き、パソコンにダウンロードします。

Googleドライブ

OCR機能を使って文字認識させる

ダウンロードしたファイルを開いて文字認識させます。

今回はAdobe Acrobatを使います。

ツール」→「テキスト認識」→「このファイル内」を選択し、「OCRの言語」が日本語になっていたら、「編集」から英語に変更します。

Adobe Acrobat OCR

テキスト認識 一般設定」というウィンドウが出てくるので、

・OCRの言語:英語(アメリカ)
・PDFの出力形式:検索可能な画像
・ダウンサンプル:600dpi

に設定して「OK」をクリック。「テキスト認識」ウィンドウも「OK」をクリックするとテキスト認識が始まります。

Adobe Acrobat OCR

右下にこのような表示が出ます。

Adobe Acrobat OCR

今回の本だと、246ページでおよそ10分かかりました。

文字を選択してみると、ちゃんと文字認識されていることが分かります。

Adobe Acrobat OCR
OCR処理前。文字として選択できない。~The Happiness Advantageの1ページより。
Adobe Acrobat OCR
OCR処理後。きちんと文字として認識される。~The Happiness Advantageの1ページより。

終わったら、名前を付けて保存し、再度iPadの方へPDFを戻します

書き込み可能なPDF閲覧アプリで読む

iPadに戻したPDFファイルをアプリで開きます。

もし、余白を増やして色々と書き込みたい場合は、「PDF余白調整」というアプリで先に余白を作ることもできます。

PDF余白調整
PDF余白調整
開発元:Yohei Iseki
無料
posted withアプリーチ

このアプリを使えば、上下左右好きな方向に余白を作ることができます。もちろん上下左右全てに余白を作ることも可能です。

PDFを見るアプリですが、書き込みできるものであれば何でも良いと思います。

私は書き込みも出来て、実際にページをめくる感覚がある「PDF Viewer」を使っています。

PDF Viewer Pro by PSPDFKit
PDF Viewer Pro by PSPDFKit
開発元:PSPDFKit GmbH
無料
posted withアプリーチ
PDF Viewer
実際にページをめくっている感覚
PDF Viewer
マーカーやラインも引けて、文字も書き込める

そして右側に辞書アプリを持ってきて、スプリットビュー(2画面表示)させます。

PDF Viewer
右側に辞書アプリをもってくる

辞書アプリは「辞書 by 物書堂」を使っています。

辞書 by 物書堂
辞書 by 物書堂
開発元:物書堂
無料
posted withアプリーチ

※『辞書 by 物書堂』はアプリ自体は無料ですが、別途有料の辞書を購入する必要があります。詳しくはこちらの記事で書いたのでご覧ください↓。

ipad

物書堂の「設定」から「クリップボード検索」をオンにすると、単語をコピーしただけで検索することができます。

物書堂
調べたい単語を長押しして、コピーをタップすると・・・
物書堂
右側に単語の意味が出てくる

また、物書堂は、色々な辞書をインストールして一発検索できる「串刺し検索」があったり、単語の発音も確認できるのでオススメです。

物書堂
物書堂
違う辞書の意味も見ることが出来る

調べた語句をブックマークに追加することもできます。

物書堂
単語自体をブックマークすることもできるし、用例をブックマークすることも可能

串刺し検索やブックマーク機能などは必要ないという方は、単語を長押しした後「辞書」をタップして意味を検索することもできます。

物書堂
単語を長押しして「辞書」をタップすれば・・・
iPad 辞書
辞書アプリを使わなくても意味を調べることができる

※この辞書は最初からiPadにインストールされている辞書が使われています。

「辞書」をタップした時に、すぐに意味が出てくるように、iPad本体の「設定」→「一般」→「辞書」から、「日本語-英語」以外のチェックを外すことをオススメします。

調べるときのコツ① 意味が出てこないとき

例えば、下の画像のように「plopped down」を調べたとします。

物書堂

検索結果が出ますが、どうやらこれは他動詞の意味のようです。しかし本文を見ると「plopped down」の後ろに「on」があるので、自動詞の意味でないといけません。

そこで一度「戻るボタン」をタップして1つ前の画面に戻ります。

物書堂

すると、「見出・成句・用例」を見る画面が出てきます。

物書堂

「見出」の一覧にはそれらしいものがヒットしませんが、「用例」をタップすると・・・、

物書堂

後ろに「on」が付いてくる用例が出てきました!「ぺたんと座る」という意味が、本文の「plopped down on the couch」に当てはまります。

このように、一度で意味が出てこない場合でも、間の単語を抜いてみたり、調べ方を変えてみることで意味が出てくるということがあります。

また、最近の用語や、スラングなどは「英辞郎」アプリがオススメです。

英辞郎 on the WEB(アルク)
英辞郎 on the WEB(アルク)
開発元:ALC PRESS, INC.
無料
posted withアプリーチ

私はいつも英辞郎アプリを「スライドオーバー」にして、調べたい時だけ表示させるようにしています。

英辞郎

また、単語を長押しした後、「辞書」→「Webを検索」をタップすれば、インターネットで意味を調べることもできます。

便利な時代になりました。

調べるときのコツ②クリップボード検索がうまくいかないとき

物書堂はかなり使えるアプリなのですが、時々クリップボード検索(「コピー」したら意味が出てくる)が効かない時があります。

だいたい他のアプリやブラウザーを見ていて、PDF Viewerに戻った時に起こります。

そんな時は、一度別の単語をいくつかコピーしてみてください。何度かコピーしていると、クリップボード検索ができるようになります。

まとめ

というわけで、今回はiPadを使って洋書に直接書き込みながら読む方法についてお伝えしました。

本当に便利な時代になりました。

これで、外出先や旅行先に重たい本や辞書を持っていくこともなく、iPadひとつで出かけることができます。

スプリットビューで辞書アプリを使えば、英語のネットニュースやTwitterもサクサク読み進めることができますよ!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。